許可を取得した後は

【1】許可の更新

建設業許可の有効期間は5年です。

5年目の対応する日の前日まで。更新の申請は有効期間満了の日前30日までです。知事許可の場合は3か月前から、大臣許可の場合は6か月前から申請ができます。

更新手続きを怠ると、新たに許可を取り直すことになりますのでご注意ください。

【2】決算変更届の提出

毎事業年度ごとに提出しなければなりません。更新時には期間内の変更届出書の副本を5期分全て提示する必要があります。

他、許可証を営業所に掲示しなければならなかったり、変更があった場合は変更届が必要な場合があります。

【3】変更の届出

下記等の変更事項が生じた場合は、所定の期限までに変更届の提出が必要です。

変更事由と提出期限については建設業その他手続き – 各種の変更届のページを参照してください。

  • 商号や名称の変更
  • 既存の営業所の名称、所在地または業種の変更
  • 資本金額(または出資総額)または役員の氏名の変更
  • 個人の事業主または支配人の氏名の変更
  • 経営業務管理責任者の変更
  • 経営業務管理責任者が氏名の変更
  • 専任技術者の変更
  • 専任技術者の氏名の変更
  • 営業所の新設
  • 新たな営業所の代表者の発生
  • 経営業務管理責任者または専任技術者の要件が欠けた
  • 使用人数の変更
  • 令3条に規定する使用人の一覧表の変更
  • 国家資格者・監理技術者一覧表に記載した技術者の変更
  • 定款の変更
eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ